オウム病の基礎知識について

肺炎に占めるオウム病の頻度は、世界的にもあまり高いものではなく、日本でも2%足りない程度です。オウム病の多くは散発例で、これまで集団発生は極めてまれであるとされていました。しかし、日本では2001年以降、相次いで動物展示施設で集団発生が確認されています。

オウム病はどのように感染し発症しますか
推定感染源としてはインコに関連したものが最も多く、次いでハト、オウムに関連したものです。鳥では保菌していても、ほとんどは外見上健常にみえます。弱った時や、ヒナを育てる期間などでストレスが加わった時、他の感染症を合併した時などには、不定期に便中に菌を排泄しヒトへの感染源となります。

感染経路は、罹患鳥の分泌物や乾燥した排泄物、羽毛などを介して経気道的に吸入したり、口移しで餌を与えたりする際の経口感染によって起こります。吸入された菌は、宿主細胞に取り込まれて細胞内で増殖し、下気道へ浸潤するか、血液を介して肺胞や肝臓?脾臓など全身臓器に広がります。

オウム病の症状について
オウム病の症状は、軽症のインフルエンザ様症状「悪寒を伴う高熱、頭痛、筋肉痛、全身倦怠感など」から多臓器障害を伴う劇症型まで多彩です。初発症状として、38度以上の発熱および咳嗽はほぼ必発で、頭痛も約半数に認められます。時に血痰や胸痛を伴うこともあります。

重症例では、呼吸困難感「チアノーゼ」や意識障害を来し、さらに血液を介して多臓器へも炎症が及び、髄膜炎や心外膜炎、心筋炎、関節炎、膵炎などの合併症を引き起こすこともあります。

ヒトではインフルエンザ様症状を示し、治療が遅れると肺炎や気管支炎などの呼吸器疾患を示す。鳥類では一般に無症状であるが、発症すると元気消失、食欲不振、緑色便を呈し、ときに斃死します。病理学的には肝臓や脾臓の腫大、脆弱、灰白質壊死巣、心外膜や気嚢の肥厚、線維性滲出物の肥厚がみられます。牛において雌では妊娠末期に流産を引き起こし、雄では精嚢腺炎を引き起こします。馬では肺炎、脳脊髄炎、角結膜炎、関節炎、腎炎、肝炎、流産を引き起こします。

オウム病の診断と治療について
感染症発生動向調査では、報告の基準を病原体の分離、病原体の遺伝子の検出、病原体に対する抗体の検出、としています。しかしこのなかで、唯一普及しているのが、病原体に対する抗体の検出の補体結合反応による血清抗体価測定です。

クラミジア感染症の治療は、後述のクラミジアニューモニエ肺炎やクラミジアトラコマチス肺炎と同じですので、クラミジアトラコマチス肺炎を参照してください。予防ワクチンはありません。鳥類との過度に密接な接触を避けるのがおすすめです。また、鳥類の飼育ケージの清掃時にはマスクを着用します。

一方、鳥類はクラミジアを保有している状態が自然であり、菌を排出していても必ずしも感染源とはならないことを理解する必要もあります。むやみに感染鳥を危険視すべきではなく、鳥との接触や飼育方法に注意を払うことが重要です。

オススメ情報サイト

たとえ知人や友人が「レビトラが大量にあるから安く販売してあげるよ」と言っても絶対にレビトラを個人から買ってはいけません。またこれとは逆にレビトラなどのED治療薬が手元にたくさんある場合に友人などに「レビトラがたくさんあるから販売してあげる」などと言って販売してもいけません。これはシアリス薬事法などで厳重に禁止されている行為で、見つかった場合には処罰の対象となります。
ペニス増大サプリは果たして本当に効果的なのか、しばしば男性が抱く疑問ではないでしょうか。ペニス増大精力剤サプリの効果は商品によっては本当に効果があるようですが、残念ならがすべてがそうかと言えばそうとも限らないようです。しかしあれだけ種類の多いペニス増大サプリを片っ端から試していくわけにもいきませんから、できるだけ口コミやランキングをうまく分析して、効果の大きいと思われるサプリを使っていくとよいですね。
ED治療薬として人気を誇るバイアグラの主成分、「シルデナフィル」の特許が切れ現在続々と後発品メーカーからバイアグラのジェネリック医薬品が販売されています。ED(勃起機能の低下)やその原因となる疾病(高血圧症、糖尿病、心臓病)、およびED治療薬に関する情報提供を目的としたサイトです。
では早漏の方は上手く女性の方とお付き合いする事ができないのでしょうか?自分に合った早漏対策・改善法で毎日少しずつ持続力をつけていってくださいね。早漏に効くサプリメントやグッズなどもありますので、試してみるのもいいかもしれません。